宇都宮市 ひやま歯科・矯正歯科クリニックの磁性アタッチメント

 
MAGNETIC ATTACHMENT
磁性アタッチメント
磁性アタッチメントについて
虫歯や歯周病あるいは外傷等により歯を失った結果、やむを得ず義歯を使用することになった場合、こと部分入れ歯では、 残っている自分の歯にバネを掛けることによって義歯を安定させるのが一般的です。

ところが、バネを掛ける歯が歯周病で多少ぐらつきがあったりすると、そのような歯にバネを掛けても充分な安定を得ることは難しくなります。また、 バネを前歯に掛けた場合、このバネが周囲の目に触れることとなります。さらに、ご高齢の方では、バネを上手く歯に掛けたり、あるいは外したりするのに大変苦労されることがあります。

これらの問題点を全て解消することの出来る方法として、磁性アタッチメントがあります。これは、バネの代わりに磁石の吸着力を利用する方法で、 残っている歯の根の上面と義歯の内面に磁石を取り付けることになります。この方法ですと、自分の歯にバネを掛けたときほどの負担をかけずに済みますので、 残りの歯に優しい治療となりますし、磁石は義歯の中に埋め込まれていますので、外から見える心配もありません。また、義歯の付け外しは、バネに比べて大変楽に出来ます。

このように、大変優れた義歯安定装置である磁性アタッチメントも、その適応症、非適応症がありますので、個々の患者様のお口の中の状態に応じて使い分けていく必要があります。
また最近では、顎骨に埋入されたインプラント体上部に磁石を取り付けることで義歯を安定させるという応用法も普及してきております。