宇都宮市 ひやま歯科・矯正歯科クリニックのひやま通信 第27号

 
HIYAMA MAGAZINE
ひやま通信 15.07.06 第28号
歯列矯正治療に思う


当院待合室に掲示中の下野新聞記事(2015年4月14日)・・・「治療内容、態勢チェックを‐矯正歯科医会が呼び掛け‐検査、説明にも問題」・・・テレビの情報番組でも取り上げられた、なかなかインパクトのある内容です。
歯科矯正学は、専門化が進んでいる今日の歯科医療分野の中にあって、特に専門性の高い学問および臨床の一分野です。また、このことは多くの歯科医師が認めるところでもあります。それは、不正咬合の原因論、顎顔面骨格の成長発育に関する深い知識、セファロ分析に始まる不正咬合の分析・診断・治療計画の立案、多種多様な矯正装置の機能的な特徴およびその使い分け、さらにはワイヤーベンディング(ワイヤーの屈曲・調整)のテクニック等々、適切な矯正治療を進める上で習得しなければならない多くのハードルがあるからです。矯正治療の専門歯科医として自信を持って治療に当たるために必要な上記の要件は、歯科大学卒業後、多くの場合大学の矯正科に入局し、少なくとも数年以上かけて修得していくものなのです。
私(現在、日本矯正歯科学会の認定医・指導医を取得しております)を含めた矯正治療の専門歯科医の多くは、長い時間をかけて習得した自らの専門的知識・技術に良い意味での自信と誇りを持っております。「矯正歯科」を標榜している歯科医院が非常に多くみられる今日にあって、矯正治療を希望する患者様には、歯列矯正治療に関する専門知識と技術をもつ専門歯科医による治療を是非受けていただきたいものです。そうすることで矯正歯科治療の素晴らしさを正しく理解していただくことができるでしょうし、お一人でも多くの患者様にきれいな歯並び、正しい噛み合わせの素晴らしさを共有していただけることと思います。そうなることを切に願っております。

院長 檜山成寿
新製品紹介 バイオリペア PRO(\980)
「バイオリペアPRO」は、フッ素無配合という特色のある歯磨剤です。フッ素に代わってマイクロリペアという成分が配合されています。マイクロリペアは、歯の硬組織無機成分と同じハイドロキシアパタイトの一種で、歯をスムーズに再石灰化させプラークを付着しにくくします。商品の特徴は
・歯を修復します
・ヒアルロン酸がみずみずしさを与えます
・ラクトフェリンがプラークから歯と歯肉を守ります
・ビタミンA、E、ハーブ各種が歯肉を守ります
・インプラントを保護します
当院では、インプラント治療を受けた方に特におすすめしている歯磨剤です。チタンあるいはチタン合金でできているインプラント体に対するフッ素の悪影響が指摘されています。日本で入手できる歯磨剤はフッ素配合量1000ppmより低くする決まりがあるため、この程度の低濃度フッ素では、チタンにはほとんど影響はないとされています。しかしながら、今後はフッ素のインプラント体への影響ということも配慮していく必要があると考え「バイオリペアPRO」を導入しました。インプラント治療に関係無く、すべての患者様にお使いいただける製品となっております。是非、お試しください。
(弥生)
スタッフ自己紹介
みなさんこんにちは。当ひやま通信の編集を担当している事務長の富川です。今回は改めまして自己紹介をさせていただきます。
当院にはちょうど二年前から勤務しております。悪戦苦闘の毎日ですが、少しでも皆さんのお役に立てるよう、院長先生からのご指導、スタッフからの協力(援助?)のもとに頑張っております。
まだまだ至らない点が多い私ですが、当ひやま通信ともども今後ともよろしくお願いします。

・出身地 宇都宮市
・趣味  娘のアパートまでドライブ
・特技  無芸大食
私のおすすめスポット
私のおすすめは、旧四号線小山市役所手前の珈琲豆「豆時計」です。
お店の雰囲気は、アンティーク雑貨、オリジナル雑貨などが揃い、懐かしい昭和にタイムスリップしたかの様な落ち着いたお店です。種類豊富な珈琲豆を販売しており、丁寧な自家焙煎でしか出せない香ばしい香りと濃厚な味の珈琲を試飲させていただけるので、自分好みの珈琲を見つけるのも・・・・
みなさんもご存知かと思いますが、珈琲に含まれているカフェインは脳の疲労回復を助け、さらにクロロゲン酸は癌や動脈硬化などの原因の一つとされる活性酸素を消してくれる成分も含まれているそうです。ブリキのおもちゃやアンティーク雑貨に囲まれジャズの音楽を聴きながら異空間で試飲する珈琲は、とても癒されほっとします。


珈琲好きの人には好みの珈琲豆を探すことができ、美味しい珈琲を飲めるおすすめのスポットです。
(井上)