矯正治療の専門歯科医の立場から 〜 顎顔面矯正とは・・・

スクリーンショット 2015-07-20 14.13.54.png

 先日、矯正治療の相談希望の方からのお電話に驚いた・・・「そちらでは顎顔面矯正はやっていますか?」・・・お話しによると、お子様のあごが小さくて永久歯が生えるスペースが不足しているため、顎顔面矯正をしてあごを大きくする治療が必要だと思うのだがそちらでは可能か?とのことである。あごを大きくするのが顎顔面矯正?何のことか分からず、来院の上でご相談くださるようお願いして電話を切った。

 

 すぐにネットで検索したところ、出るわ出るわ・・・「当院では顎顔面矯正をやっています。」急速拡大装置であごを広げるのが顎顔面矯正???これは何ということか。茫然自失の境地であった。

 

 矯正学は大きく2つに分けられます。一つは「歯科矯正学」であり、もう一つが「顎矯正(顎顔面矯正)学」です。これらは学問的に正式な定義・棲み分けがなされており、英語表記において歯科矯正学は「Orthodontics 」、顎顔面矯正学が「Maxillofacial Orthognathics」と定められています。

 

 私が現在非常勤講師として籍を置いている母校東京医科歯科大学の矯正学講座の正式な名称は、まさに「顎顔面矯正学分野」です。同分野同門会のHPを紐解くと、「顎顔面矯正学とは、先天的な病気を伴う歯並びの不正や顎の変形のためにその治療に顎の手術を必要とする患者さんの矯正治療」との記載があります。すなわち、口唇口蓋裂、ダウン症候群その他多くの先天異常の患者様は、歯並びをはじめとして口腔顔面領域にも様々な問題を持っていることが多く、これらの先天性疾患患者を対象とする矯正治療のことを「顎顔面矯正治療」というのです。さらに、あごの成長が落ち着く10代後半の方で上顎骨あるいは下顎骨あるいはその両者の劣成長、過成長さらには重度の非対称によって顔面骨格の不調和が著しいために(これを顎変形症という)、その治療にあごの外科的骨切りを併用する必要のある患者様を対象とした矯正治療のことも「顎顔面矯正治療」というのです。以上のように、先天異常の患者様、および顎変形症の患者様に対する非常に高度で専門的な矯正治療のことを「顎顔面矯正治療」というのであります。

 

 あごを拡大したり、あごを大きくしたりといった「あご」に関連した矯正治療のことを「顎顔面矯正」と呼ぶ誤った風潮が真しやかに地域情報紙やネット上で氾濫していることを非常に危惧しております。これらの治療は全て「歯科矯正治療」の範疇となります。さらに申し上げるならば、矯正学を専門に勉強していない歯科医師に限って「顎顔面矯正」をPRしているところに不安を感じます。今一度申し上げますが、顎顔面矯正治療は相当に高度な技術を要する矯正治療であって、矯正治療の専門歯科医でないととても手の付けられるものではありません。逆説的に考えれば、顎顔面矯正が行なえると宣伝している歯科医院は、矯正治療に精通している専門医ではないということが言えるのかも知れません。

 

 患者様におかれましては、上記の点を勘案した上で、正確な情報・誤った情報を識別し、安心・安全な矯正治療を受けていただきたいと思う次第です。そのためにも、矯正治療の専門歯科医(例えば日本矯正歯科学会の認定医、指導医、専門医など)による治療の相談を受けていただけることを切に願っております。

 

院長 檜山成寿(日本矯正歯科学会認定医・指導医)

矯正歯科治療に警鐘 – 下野新聞記事 4/14 –

 

名称未設定 jpg

 4月14日の下野新聞に、矯正歯科治療に関する気になる記事が掲載されていました・・・「治療内容、態勢チェックを — 矯正歯科医会が呼び掛け — 検査、説明にも問題」・・・現在矯正治療を受けている患者さんの半数以上に適切でない治療が行なわれているという・・・これって本当なのでしょうか。

 

 歯科医師であれば患者さんに矯正治療を提供でき、法律上は確かに問題ありません。ただ、矯正治療を行なえることと、適切な治療を患者さんに提供できることとは、決して同じことではないという難しさがあります。

 

 歯科矯正学は、専門化が進んでいる今日の歯科分野の中にあって、特に専門性の高い学問および臨床の一分野であるということは、多くの歯科医師が認めるところであります。それは、不正咬合の原因論、顎顔面骨格の成長発育に関する深い知識、セファロ分析に始まる不正咬合の分析・診断・治療計画の立案、多種多様な矯正装置の機能的な特徴およびその使い分け、さらにはワイヤーベンディング(ワイヤーの屈曲・調整)のテクニック等々、適切な矯正治療を進める上で習得しなければならない多くのハードルがあるからです。矯正治療の専門医として自信を持って治療に当たるために必要な上記の要件は、歯科大学卒業後、多くの場合大学の矯正科に入局し、少なくとも数年かけて修得していくものであり、それ以外の方法(例えば独学や短期間のセミナー参加等)で習得することは困難な内容なのです。

 

 私(現在、日本矯正歯科学会の認定医・指導医を取得しております)を含めた矯正治療の専門歯科医の多くは、長い期間かけて習得した自らの専門的知識・技術に自信と誇りを持っているものです。「矯正歯科」を標榜している歯科医院が非常に多くみられる今日、患者さんの側にあっても、真に専門的なトレーニングを受けた歯科医師とそうでない歯科医師とを、見分ける術を持っていただきたいと感じることが無いわけではありません。今回の下野新聞の記事は、矯正治療が巷に氾濫しすぎている今のご時世に警鐘を鳴らす、実にタイムリーなものであります。そして矯正治療を受けている、あるいはこれから受けようとしている患者さんの真にためになるものと考えております。

 

 現在他院にて矯正治療中の患者さんがセカンドオピニオンを求めて当院に来院されることは時々あります。その際、現在の治療を続けることで大きな問題に至ることがないと判断した際には、「今治療をしてくださっている先生は、あなたの噛み合わせ、歯並びのことを良く考えて治療してくださっていると思います。この治療もう少し進めてみてもよろしいのではないでしょうか」と伝えるようにしています。「良くない治療だから当院で治療した方が良い」などとは、明らかによほど問題がある治療ケースでなければお話しすることはいたしません。現在の担当歯科医師の矯正治療に対する考え方が伝わってくる口腔内の状態であれば、そのままの通院を勧めます。これもまた矯正治療の専門歯科医の務め(患者さんの不安を取り除き、安心して矯正治療に取り組んでいただく・・・そして矯正治療の素晴らしさを実感していただくこと)だと考えるからです。

 

 矯正治療の専門歯科医というものは、何もお高くとまっている存在では決してありません。患者さんにとっても、さらにはその道の専門でない歯科医師にとっても、何でも相談していただける身近な存在であるべきものであり、それが延いてはきれいな歯並び、正しい噛み合わせの素晴らしさを理解していただき、矯正治療の啓蒙・普及に役立ってくれる・・・それが何よりの喜びなのです。

 

院長 檜山成寿

  • ひやま歯科クリニック

    栃木県宇都宮市今泉1-1-8

    TEL : 028-624-5628

    診療時間(平日) 9:00〜12:00/14:00〜19:00
    診療時間(土曜) 9:00〜12:00/14:00〜18:00